しんどい時でも体力を使わずに読めるおすすめ本2選

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。


本日は、私がアトピーの症状で悩まされていた時に読んでいた本を2つ紹介します。

本当に体がしんどい時やかゆみがひどい時って、難しくない小説でも集中して読むことができず、楽しめなかったりします。体が辛い時、励ましてくれる名言や格言をまとめた本に救われたことも沢山ありますが、あえて今回は「軽く読めて、かつ面白い」をテーマに選んでみました。


【翻訳できない世界の言葉 エラ・フランシス・サンダース】


絵本です。

物語ではありませんが、色々な国のまさしく翻訳出来ない言葉が素敵なイラストと共に描かれています。「バナナを食べる時の所要時間」を一言で表す言葉がある国って、面白いと思いませんか?

この本はどちらかというと読む、というより眺める、という言葉がぴったりかもしれません。

かゆみで疲れて何も出来なかったな…という日も、この本を手に取れば頭を使わず綺麗なイラストを眺められて、さらに今まで知らなかった言葉に触れることが出来てに心がほっと安らぎます。


【朝時間のすごしかた 朝時間.jp】

朝の時間を有効活用するためのライフハック本は数あれど、この本のゆる可愛さに勝てる本はありません。女優さんやヨガインストラクターの朝時間の使い方や、朝時間.jpに寄せられたみんなの工夫がまとめられています。朝時間と言いつつ二度寝して9:00時スタートが基本のライターさんの過ごし方とかも紹介してあり、意識の高いこうするべき!感がないところがおすすめの理由です。

朝、すっきり起きることは自律神経を整える一つのtipsです。アトピーの改善には自律神経が深く関わっています。痒みで眠れず、辛い時もあるかもしれませんが、無理のない範囲で起きられそうかな?って日はぜひこの本のことを思い出してみてください。コーンスープにパンを浸した簡単な朝ごはんもレシピとして紹介されているくらいので、ゆるさはピカイチです。


kaori


アトピーで入院したのでレポートを書きます。

成人型難治性アトピーが悪化し、仕事や日常生活がしんどくなってきたので入院することにしました。 日々の治療や入院生活、入院にまつわる情報etc...

0コメント

  • 1000 / 1000