薬のチカラを借りながら、自分で治す

おはようございます☀
いつもブログを見て下さり、ありがとうございます。かゆみ、痛みのある方はそれが少しでもやわらぎますように。
写真は3年前に行ったハワイ島のワイピオ渓谷です。


今日は自分メモみたいなものを書きます📝

ステロイドを使わずに頑張っていた頃比べても、食事や飲酒、保湿に関するスタイルは変えていません。

退院からひと月弱ですが、今のところ薬の効きが弱くなるとか、炎症がぶり返すとかはありません。

強いて言うなら、1回目の診察以降薬を使っていない頭皮がちょっと乾燥して来たので、2回目の診察で入院時と同じお薬を出して貰った程度です。

これが、何も考えずにお酒飲みまくり、ポテチ食べまくりの不摂生だったらまた話は別じゃないかなと思うんです。

ステロイドを使わずに頑張っていた過去があるからか、治ってもあまり身体が菓子パンとかポテチとか求めないんです。食べたいという感情が湧かない!たまにケーキが食べたくなっても、ほんのちょっとで満足。そして、食べても以前のように炎症がぶわっと広がることもありません。

舌が敏感になっているのか、70%カカオのチョコも甘く、美味しく感じます(^ω^)健康的な人が薄味のお味噌汁で満足できる、あの感じですかね?

もうちょっと入院が早ければ…と過ぎた時間を憂うこともありましたが、自分の力で頑張った期間があるからこそ、クスリの力を最大限貸して貰えてるのかなと、最近はめっぽうポジティブです\\٩( 'ω' )و ////

ちなみに、このブログでは脱ステとか、脱ステロイドなどの言葉は意識的に使わないようにします。言葉の力は馬鹿に出来ないと常々感じているからです。

【脱】には、「悪いもの、状況」から逃れる、自由になるという意味が含まれています。

ステロイド=怖い薬というイメージは、どこから来ているのか、気になって考えていました。ひとつの原因として、【脱】が頭についてることから自動的に「悪いもの」と認識してしまうのかなと思っています。

簿記の模試で50%もとれず、追い詰められているKaoriでした。

試験まであと1週間だー😭

アトピーで入院したのでレポートを書きます。

成人型難治性アトピーが悪化し、仕事や日常生活がしんどくなってきたので入院することにしました。 日々の治療や入院生活、入院にまつわる情報etc...

0コメント

  • 1000 / 1000